タイ語

【タイの語学留学ガイド】おすすめの学校10選と必要な事前準備

タイ語を真剣に学びたいのなら、もちろん現地に語学留学することが最速ですね。バンコク、プーケット、パタヤにサムイと、自分の気に入った場所で、現地文化にどっぷりと浸かりながらマスターしましょう。 魅惑のタイを存分に楽しみたい、タイで働きたい、新たな可能性を探したいと、実は世界中からタイに語学留学する人が増えています。 実はタイは、英語の語学留学の穴場でもあり、学習環境も生活環境も魅力的! そんなタイの語学留学対象の大学や学校の選択肢は多いので、場所や期間、費用やビザ、それにメリットやデメリットなどを考えて選ぶことが重要です。最高の語学留学を実現するためには、情報収集が大事ですね。 それでは、「มาเริ่มกันเลย! マー・リーク・ライ・ロー」 さあ始めましょう! 目次: タイの語学留学校選びのポイント タイ語でも英語でも、選ぶ学校によって自分の現地での体験も習熟度の結果も左右されます。 バンコクのような大都市で (1) 日本人が多い都会の生活を楽しみたいのか、(2) プーケット、チェンマイのような人気リゾート地での体験をしたいのか、(3) 短期で集中して学びたいのか、(4) 社会人として時間を有効に使っての学びなのか、(5) または高校生向けのホームステイなどでタイを体験したいのか、など、様々な目標に合わせた選択肢が豊富にあります。 まずは、自分の求める学校を探しましょう。 全くタイに初めて行くので不安がある場合、現地の日本人コミュニティーや、バンコク日本人会、それにFacebookなどのタイ語コミュニティーやグループにコンタクトしてみることで、現地でしか得られないような貴重な情報が得られたり、親切なアドバイスを受けることができます。 現地情報は貴重ですね。 学校のタイプ タイには、様々なタイプの語学学校があります。大学の付属語学学校、社会人向けの会話中心の語学スクール、中高校生向けの短期留学体験型ホームステイプログラム、ビザを手配する一般の長期短期の語学学校など、自分の目的に沿った学校の情報をまずは収集しましょう。 また、広いタイなので、場所によってまるで体験が違ってきますし、生活費も異なります。メリット、デメリットを考慮して選ぶことが大事です。 バンコクの場合、日本人が多く住んでいてコミュニティーも多いので、例えば日本人会に入ったり、様々な日本人社会の習い事やスポーツを始めたりすると、それなりに日本人のネットワークもできて、就活に役立てることができるでしょう。ソーシャルメディアからの情報が最新です。 プーケットやパタヤ、サムイといったリゾート地の学校の場合、欧米人や他の外国人たちの割合が高いので、彼らとの交流により英語でのコミュニケーションの場を増やすこともできます。 資格のある教師 教師は語学学校の要です。タイの語学学校はピンからキリまであるので、費用や場所だけを優先するのではなく、その学校の教師の質、そして学校自体の情報をしっかりと把握することが大事です。

タイ語で美味しいと皆笑う様子
【音声付き】タイ語で美味しい!暗記必須のフレーズガイド第1位

魅惑のタイで、タイ料理を満喫!そんな時に、思わず「美味しい!」と、タイ語で言いたいですよね。 タイ語で美味しいは、「อร่อย アロイ」で、実に発音も簡単です。もう少し丁寧にしたい場合は、女性は「アロイ」の最後に「カー」と付けて「アロイ カー」となりますが、男性は「クラップ/カップ」です。 この記事では、「アロイ」だけでなく、他の「美味しい」のフレーズも教えちゃいます。 屋台やレストランで「アロイ!」と言えば、店員さんはきっと素敵な笑顔を返してくれるでしょう。 タイ語で美味しい「アロイ」について 美味しい!美味しそう!と、思わず感激したときの表現は、周りの人をハッピーにさせますし、タイ人はとてもフレンドリーで感情が豊なので、こちらの素直な表現に嬉しそうに答えてくれます。 タイ語で「美味しい」の他のフレーズ さあ、魅惑のアメージング・タイランドで思いっきり「美味しい」を表現してみましょう。以下、使えるフレーズをご紹介します。 タイ語 発音 使い方 音声 อร่อย アロイ 「美味しい」の一般的な表現    เพลิน プレーン 味や食べ物に対する満足感を表現    อร่อยจัง アロイジャン とても美味しい」という意味(口語的な表現)

タイ語の数字の数え方
【音声付】タイ語の数字0〜1億の数え方!簡単な覚え方の秘訣

タイに既に住んでいる方、旅行を考えている方、タイ語の数字を覚えるのは必須です。 タイの屋台のおばさんたちは、もちろん英語の数字の言い方は知っていますが、タイに来たばかり外国人だと思って高額を押し付けてくる場合が多いんです。なので、タイ語で値段の交渉を知っていれば、俄然まけてくれる可能性は大ですよね。 今や人気のナイトマーケットや、アユタヤの遺跡巡り、プーケット、ホアヒン、クラビなどのビーチリゾート。タイ語を知っていたら、そんな旅も一層楽しくなりますし、数字はやはり理解して言えたら便利そのもの。 タイ語を自由に操って、楽しく値段交渉をしている自分を想像しながら、さあ、タイ語で数字を始めましょう! 簡単なタイ語の数字0〜9 タイ語では、アラビア数字とは別に、独自の数字アルファベットが使われています。このタイ語の数字の書き方は、Lingアプリで、スマホを指でなぞりながら練習できますよ。 では、まず一桁の数字の一覧: 番号 タイ文字表記 発音 音声 1 ๑ ヌン    2 ๒ ソン     3 ๓ サーム     4 ๔

タイ語の書き方の勉強法と秘訣
【習得確実】タイ語の書き方を楽々習得できる6つのステップと秘訣!

タイ語は、なんとか読めるけど書くのはね、という方が多いと思います。初心者、そしてタイ文字の書き方を習得する一歩手前のあなた。もう大丈夫です! ここでは、タイ語の文字の書き方を独学でも習得できる勉強法やコツをご紹介します。 タイ文字に全くの初心者の方は、タイ語のアルファベット一覧がまとまった以前のタイ文字の記事をご覧になることをお勧めしますが、今回はすらすらとタイ文字を読み書きできるように、大事な勉強法のポイントを見ていきましょう! タイ語の書き方を向上させる勉強方法 ①アルファベットを練習する タイ文字は独特な文字システムなので、習得するにはやはりそれなりに時間と努力が必要です。日本語を習うときも、「あいうえお」から勉強し始めたように、タイ語のアルファベットを完全に覚え、すらすらと書けるようになるまで練習する必要があります。初心者はまずここから出発すると、独学でもタイ語の発音や会話の習得は早いです。 タイ語のアルファベットには、44の子音と28の母音があります。英語に比べるとはるかに多いように思えますが、要はその覚え方と勉強方法です。大事なポイントは、自分でとにかく書く!ということ。体験ほど習得を早める方法はありません。 自己流の簡単なタイ語のアルファベット表を作ったり、一つ一つのアルファベットから単語を発生させて、ひたすらその単語の書く練習をしたり、まずは、アルファベット文字に慣れることです。 ②新しい語彙を学び続ける 日本では、高校卒業までに習得する英語の単語数は、文部科学省によると3,450語だそうで、英語での日常会話に必要な語彙数は、5000語以上だと言われています。(ちなみに、ビジネス英語は12000語、海外の大学留学には15000語が目安。) が、しかし、タイ語の日常会話に必要だとされる語彙数の目安は、日本語や英語に比べて少なく、約2000語だと言われています。英語をひたすら勉強してきた日本人にとっては、2000単語はやればできる!範囲ではないでしょうか。 さて、単語の覚え方ですが、とにかく新しい単語は発音を正しく(タイ語は声調言語なので、発音が違うと全く異なる意味になるからです)、そして、なるべくなら使ってみることです。状況をイメージして会話として自分で文を作ってみたり、とにかく脳にインプットするには、その単語の使用方法を叩き込むこと、単語に慣れることが習得への近道です。 そしてその覚えた単語を一文字ずつ丁寧に書いていきましょう。 ③タイ語を書くためには本をひたすら読む 優れた作家は優れた読者でもある、というように、レベルに応じてどんどん本を読みましょう。初心者には、絵本とかいいのではないでしょうか。 本だけではなく、例えばレストランのメニュー、看板、品物のラベルなど、とにかくどんなタイ語で書かれているのか注意しながら生活することで、タイ文字に慣れていきますし、その単語の使用方法がわかります。 新しいタイ語の単語を覚え、タイ語の文章構造に慣れることによって、書くことにも抵抗がなくなっていきます。自分の好きな言葉を見つけたらコピーして書いたり、常にメモができるように工夫してみて下さい。 ④タイ語で日記をつける 初めはハードルが高いと思いますが、タイ語で日記をつけることは、文章を書く能力を向上させる最良の方法です。間違えてもかまいません。タイ語で知っていることを実際に使う練習の場だと思ってください。 一文字でもいいし、単語一つでもいいのです。とにかくはじめの一歩からかかりましょう。  ⑤ネイティブに文章をチェックしてもらう フィードバックは習得への重要な要素です。学んでいる段階では、とにかく間違いだらけです。しかし、間違ったままだとしたら正しく身に着けることもできません。 そこで、タイ語ライティングの間違いを確認する最も確実で簡単な方法は、タイ語のネイティブスピーカーにチェックしてもらうことです。が、ネイティブの友人がいない場合は、家庭教師を雇うか、独学でもライティングのチェックが可能な勉強ツールを使う方法があります。 アプリには、そんなライティング機能が備わった最新のものもあるのでおすすめです。Lingアプリでは、文字の書き方、文章の読み方など様々な最先端のAIを活用した機能が満載です。 ⑥ソーシャルメディアを使った書き方の習得方法

タイのデザートリスト
食べなきゃ損するタイのデザート12選!甘いのに低脂肪な秘密

甘いものが大好きですか?タイは、フルーツ王国であると同時にデザート王国! タイの人気デザートには、有名なもち米マンゴー(ข้าวเหนียวมะม่วง – カオニャオ・マムアン)以外にも、是非注目したいデザートがたくさんあります。 タイ風お好み焼き(ロッティ)、もち米サクサク煎餅(カオテーン)、揚げバナナ(クワイ・トート)など、ココナッツミルク、もち米や新鮮なフルーツ、そしてタピオカを使ったデザートが豊富です。 しかもタイのデザートは意外と低脂肪なんです。とても甘いイメージがありますが、実は、天然の着色料を使ったり、ココナッツミルクを使うので、実に健康的で、比較的低脂肪・低カロリーなんです!例えば、タイ風お好み焼き(ロティ・サイマイ – โรตีสายไหม)は、なんと一人前50カロリー。 ココナッツミルクが低脂肪の秘密(กะทิ – Ka Ti) 南国体験者でしたら、あのほんのり甘く、独特なナッツのような味のココナッツジュースを飲んだことがあるでしょうね。冒険好きなら、屋台でココナッツを買って直接ストローをさして飲むほうが新鮮で、ジュースだけでなくココナッツの実をすくって食べる醍醐味がわかっていただけるでしょう。 ココナッツジュースには、カリウム、ナトリウム、そしてマグネシウムなどの電解質が豊富に含まれているため、天然のスポーツドリンクです。また、ココナッツには「ラウリン酸」が含まれ、そこから分解される「ケトン体」が、脳の活動を活発化させるので、認知機能の改善に良く、またこの「ラウリン酸」は抗菌・抗ウイルスの作用があるとされています。 タイでは、このヘルシーなココナッツの実を最大限に利用し、多彩な料理やデザートの食材として使っているんです。これが低脂肪&低カロリーの秘密! そんなココナッツの利用法は実に多彩で、タイ人の生活には欠かせません。 本場タイのデザートおすすめTOP12 バンコクの街に繰り出せば、ついつい甘いものが食べたくてたまらなくなること間違いなし。ここでは、屋台で人気のデザートを紹介します。 もち米とマンゴー:カオニャオ・マムアン(ข้าวเหนียวมะม่วง) 価格:マンゴーの質によって左右 タイの美味しいデザートと言ったら、やっぱり一番に浮かぶのはこれのもち米とマンゴーのデザート。シグネチャーデザートと言っていいほど、観光客には大人気です。 タイのマンゴーには硬さが3種類あり、このデザートには熟した柔らかい黄色いマンゴーを使用しています。そこに甘いもち米を添えて、上からココナッツミルクをとろ〜り。 ロティ・サイマイ (โรตีสายไหม) 価格:10バーツ〜50バーツ(40円〜200円)

タイの麺料理と種類について
【タイの麺料理】絶対注文してほしいメニューと5つの麺類の秘密

アジア料理といえば、何と言っても屋台の麺料理が美味しいですが、有名なベトナムのフォーと並んで有名なのがタイの麺料理です。 そもそも麺は、中国の漢王朝支配下の紀元25から220年に麺の記録があるという長い歴史があり、アジアでは欠かすことのできないメニューの一つです。中国から伝わった麺は、タイでも独自の麺料理として広まり、パッタイ、クイッティアオ、カオソーイなど様々な有名屋台料理があります。 この記事ではそんなおすすめの本場タイの麺類について、その起源から種類、音声ガイド付きの単語やフレーズなどをご紹介します。 タイの麺の種類 タイでは、他の多くのアジア文化と同様、米(ข้าวカオ)が主食なため、小麦麺と同様に米麺(ก๋วยเตี๋ยวクイッティアオ)も主食としてよく使われます。普通本場タイでは、クイッティアオと言えば、スープ米麺を指します。生の米麺は米を発酵させて作られ、通常スープやスパイシーなカレー、サラダと一緒に出されます。その他の米麺は中国料理から取り入れられたもので、以下の種類があります: เส้น(セン)とは、タイ語で「麺」という意味になります。バーミーは日本のラーメンのような感じで、ウンセンは日本の春雨と一緒ですね。 タイの米麺クイッティヤオの作り方 1. 熟成の段階まず最初に、生の米を数ヶ月間保存して熟成させ、米が自然に物理化学的な変化を起こすようにします。 2. 発酵段階米を熟成させた後、数日間水につけておくと、水に含まれる乳酸菌や酵母の働きで発酵が進みます。 3. 湿式精米段階発酵が終わった米は、定期的に水を加えながら製粉機で転がし、湿式製粉されます。 4. 前ゼラチン化段階米にはグルテンが含まれていないため、結合しにくい構造になっているので、前ゼラチン化という工程を経て、粘りのある生地に仕上げます。 米粉に熱湯または蒸気を加え、米に含まれる天然のでんぷんを伸長させることで、生地をつなぎ合わせることができるのです。この段階で、タピオカ、ジャガイモ、コーンスターチを加えることで、麺にモチモチした食感と光沢を与えることができます。 5. 成形段階生地ができあがったら、麺の形に成形します。平らなライスヌードルを作りたい場合は、生地をシート状にプレスし、細長く切ります。一般的な麺を作りたい場合は、生地を熱湯の中に入れて数分間茹で、茹で上がった米麺を冷水で満たしたボウルの中ですぐに冷ます必要があります。この加熱と冷却の部分が重要な工程とされています。 6. 乾燥段階タイヌードルは、表面をなめらかにし、きれいにするために最後の洗浄が必要です。乾燥が終わったら、瓶に入れるか、クラフト紙やビニール袋に包んで保存します。調理する前に、まだ水戻しする必要があることをお忘れなく。 タイで人気の麺料理5選 タイの麺の作り方を学んだところで、麺を使った人気のタイ料理を見てみましょう。タイ人が大好きな5種類の麺料理があります。これらの伝統的なタイ料理はお好みで好きなようにアレンジできます。 パッタイ (ผัดไทย) パッタイは米麺を炒めた料理で、タイでは絶対においしい有名屋台料理です。通常、タイ米麺、エビ、ピーナッツ、スクランブルエッグ、もやし、その他の野菜で作られます。具材を炒めた後、特製のタレに絡めるのですが、これがこの料理の特徴である塩味とほのかな甘みを与えています。

タイ語の発音ガイド
【音声ガイド付】タイ語の発音で重要な5つのトーン

タイ語の発音は、44の子音と32の母音で成り立っています。また、重要な5つの声調トーンをマスターすることが必要な言語。 この記事では、音声ガイド付きでまとめてみ他ので、参考にしてください。 気軽に始めたタイ語だけれど、難しそうだから声調はすっ飛ばそうっと!と避けて通ると、結局は後で泣くことになります。というのも、声調言語なので、違う声調・トーンで話すと意味が違い、全く会話が成り立たないのです。 追加:タイ語の発音をマスターしたい人は是非Ling外国語学習アプリを試してみてください。最先端のAI音声認識機能で楽々と発音の練習ができちゃいます! 日本語とタイ語の発音の違い 日本語とタイ語の発音にはいくつかの違いがあります。 タイ語の発音の基本 声調を始める前に、まずは母音と子音の理解から始めましょう!  母音も日本語より多いですが、なにより子音の数字にびっくりしないでくださいね。 子音の発音 タイ語には、正確には全部で44の子音があります。古代に使用し、書くときにしか使用しないものが2つあるため、実際の数字は42。 タイ語の子音の発音は、日本人にはなかなか聞き取れないので発音できないと難しい音があり、有気音、無気音、それに末子音まであります。耳で聞き取れない音というのは、やはり自分では発音できないので、カタカナ変換してみたり、独自のコツを掴んでみて下さい。 タイ語の子音を表すのに一般的に使われているアクロフォニックスというシステムがあり、単語は対応する子音から始まります。これは英語で「FireのF」と習う、フォニックスに対応します。 子音一覧: タイ語子音 読み方 読み方発音 意味 読み方音声 ก ก ไก่ ko kai 鶏   ข

タイ語の勉強法の秘訣
【有料級】タイ語の勉強法!働きながらたったの3ヶ月で習得する方法

タイの魅力は、深い!そしてその魅力はタイ人とのコミュケーションをとれるようになれば、一層深くなるでしょう。 そこで、全くの初心者でも独学でタイ語を勉強する決意を固めた人、タイ人としっかり会話したい人、タイ語の効率的な独学での勉強法が知りたい人、タイ語を勉強したいが何から手につけたらいいのか分からないという人、様々な壁を感じてる人向けに最も効率的に習得できる勉強法をまとめてみました。 簡単な結論:本やテキストも良いのですが、アプリを使える時代となった今、この効率性とコスパに富んだツールでのタイ語の勉強法はやはり見逃せません。 以下の順番で説明します。 タイ語勉強の難易度は? 実際、タイ語は日本語や英語と比べてどれほど難しいのでしょう。 アメリカの Foreign Service Instituteによると、タイ語は、日本語や北京語よりも難易度の低いカテゴリー3に入っていますが、これは英語話者からの比較です。 日本人初心者にとっては、実はタイ語の文法は英語よりも簡単なのですが、日本語には無い声調、母音と子音の発音があり、そして何よりもタイ文字がネックだと感じるのではないでしょうか。 タイ語の難易度について詳しく別の記事で説明しているので、興味のある方は是非。 タイ語の音と発音 ここは避けては通れません。 赤ん坊が1年間以上かけてじっくりと両親の言葉を聞き続け、そしてやっと一言発するように、音は大事なんです。人間は、わからない音は発声できません。 といって、まさか赤ん坊になってずっと聞き続けるわけにもいきませんから、ここは、発音のコツをすでに初心者から習得した先駆者たち、つまり日本人の先生からそのコツを伝授してもらうのが早道かと思います。 タイ人たちは全員赤ん坊時代に経験したことなので、勉強方法のコツは?ですよね。それか、ネイティブの発音にどれだけ耳を慣らすか、です。 タイ語の声調と母音と子音 タイ語の声調は5つあります。 声調とは、音の抑揚で、その音の上げ下げが正しくないと理解されず、違う意味になったりするのです。日本人にとっては、くらくらする領域のこの声調、私もずっと避けてきましたが、避けてきただけ全く会話は上達せずでした。 この声調、実はタイ人も順番通りに覚えるので、順番も大事ですが、習得するにはただひたすら慣れるのみ! タイ語の母音は9種類で、日本人の知っている「あいうえお」以外に日本語には無い母音が4つもあり、さらに、 日本語には無い長母音と短母音があります。 子音ともなれば、これまた日本語には無い無気音、有気音、さらには末子音というものまであります。 声調と発音の最速攻略法 このめんどくさい声調と発音の効果的なマスター方法としては、学習環境の選択にあります。

タイ語の文法ガイド
【有料級】タイ語の文法ガイド第1位!実践的な例文で楽しく学習

タイ語習得はどのあたりですか? そろそろ基礎を固めたい? 英語を既に勉強したことがある方は、文法が嫌だった記憶があるかもしれませんね。ご安心ください!タイ語の文法は、英語よりも簡単なんです! ここでは、タイ語の基本的な構造(名詞・代名詞・動詞・形容詞・副詞・文章の構成)を徹底解読します! 新しい言語を学ぶということは、未知の世界のルールを学ぶということでもあります。アメリカの Foreign Service Institute で、最も習得の難しいカテゴリーに置かれている日本語をマスターしている我々ですから、その一つ低いカテゴリーのタイ語、やってできないわけがありません。 しかも、英語より文法が簡単だとすれば、もう楽しんで習得しちゃいましょう! タイ語の文法の特徴って? まずは、タイ語の重要な特徴をいくつか挙げます。 声調(トーン)言語 タイ語は、高さの異なる5つの声調(高い、中間の高さ、低い、上昇、下降)があり、同じ音節であってもトーンが異なると意味が変わります。(日本人にはこれがネック) アブギダ文字 タイ文字はアブギダ文字を使用して書かれ、子音と母音を組み合わせて表現する文字であり、書かれた形が音声と直接対応しています。(これは重要!文字を最初から学んだほうが発音練習にもいい) 表現の多彩な言語 タイ語は、目上に対する丁寧な表現や、親しい関係を示すための語彙や表現が豊富にあります。(日本語も同じように表現が多彩) 文法の単純さ タイ語の文法は比較的単純で、複雑な動詞の変化や時制の区別がないため、初学者にとって学びやすいです。(英語よりも学びやすい!) タイ語の文法要素を理解しよう! 文法は、テキスト本で見るとなかなか難しそうですが、要するにルールです。英語のような語形変化が無いことがなによりも嬉しいですね。 タイ語の基本的な構造 タイ語は、独自の文法構造を持ち、特徴的な言語。その基本的な3つの構造とは: 以上の構造を頭に入れ、習得への道を描きましょう。 名詞と代名詞

タイ語会話フレーズ 面白い失敗談
【爆笑タイ語失敗談】必ず覚えるタイ語会話フレーズ15選

微笑みの国の美女たちが、頭をちょこっと下げて両手を合わせ、「サワッディ―・カ」と言う、あのタイ語。簡単そうに思えてしまいますよね。 会話を耳でかじるだけで、なかなか正式にタイ語を学ぼうとしないタイに来たばかりの頃の私の母に起こった大爆笑の失敗談が、実は多々あります。そんな失敗談フレーズ集を参考にして、タイ語勉強や、旅行の合間に笑ってくれれば幸いです。 最後に覚えておきたい便利なタイ語会話フレーズもまとめました! 爆笑タイ語失敗談の背景 最初に、タイ語には声調というものがあって、発音、アクセントの違いで意味が変わると聞いた私は、タイ語を学ぼう!と思い、レッスンを始めました。 が、屋台のタイ人おばちゃんに英語で話しかけると、なんと背をシャキッとさせて、「Yes, Madam!」と、びっくりするように言われたので、「英語でいいじゃん!、使えるじゃん!」と、いとも簡単にタイ語を放り投げた背景があります。 タイ語は学んだほうがいい! 初めは、会話を聞いて、ああなるほど、真似をすればいいや、と思ってしまったタイ語。 当然、失敗しますよね。とにかく、正確な言葉に発音・フレーズと、使い方が大事なんだと、思ったそうです。会話が成り立たないことすら自覚していないのかもしれません(笑) 長年バンコクに居たのに、屋台のおばちゃんと値段の交渉ができるだけだった母に比べ、タイに来たばかりなのに、堂々とビジネスタイ語を駆使できる青年淑女が増えていました。 タイ語は、発音からしっかり身に付けることができるタイ文字から勉強しないと!と、痛感したそうです。 タイ語の日常会話フレーズ100選をまとめた記事もあるので、是非読んでみてください。 笑える失敗談(タイでのトイレ編) まずは成功談 子連れ母がバンコクを動き回る時、まず頭に浮かぶのは「トイレ」所在地。 当然、「ホン・ナム(トイレ)」は頭に叩き込んであったそうです。 母が最初に「ホン・ナム」を使ったのは、パタヤのシーフードレストラン。フレッシュに水槽で泳ぎまわっているおさかなさんたちや、海老貝その他いっぱいのシーフードが元気に生きている様子を見ているうちに、「ママ、おしっこー!」と私(5歳)が言ったそうです。 この頃、まだ幼稚園時代だった私と妹、弟たちと父とのコミュニケーションは、中国語か英語で会話だったので(父は中国人)、まずは母国語の日本語で育てていた母に助けを求めていたそうです。ちなみに、この頃の父に対して、私たちは、「Yes」「No」「I don’t know.」としか答えなかったそうで、母曰く基本的に、人間は、使える言葉しか使わないそうです。 とにかく、母は「ホン・ナム・ユー・ティー・ナイカ?(トイレはどこですか?)」と唱えて回り、これは大成功だったそうです。パタヤのレストランでは、日本人に慣れていたのでしょうが、このフレーズは私の頭に成功例として、そのままインプットされることとなりました。 失敗談 ある日、母は友人と子供の私たちと一緒に、なぜかバンコクのアパート巡りをしていたそうで、バンコクのアパートは「ピー(幽霊)」が多いので、(特にソイ39あたり)色々と物色していたのだろうと思います。 ちなみに、その友人は霊感が物凄く感じてしまうので、アパートを決める時は必ず連れていき、重宝していたそうです。

Newsletter