【無料】ヒンディー語の勉強アプリおすすめベスト4選!習得間違いなし

ヒンディー語の勉強アプリ

ヒンディー語学習には、勉強アプリが最も効果的!高い個別レッスン料などを払わなくても、低価格で学習でき、いつでもどこでも自分のペースで学習。

そこで、今回ヒンディー語の勉強アプリ第1位として紹介したいのが、Ling外国語学習アプリ。

既に500万ダウンロード突破という高い評価を受け、楽しく学べるユーザー重視の勉強アプリです。最先端のAI機能を搭載するなど、ユニークな機能満載です。

この記事では、Lingアプリの他にも人気の勉強アプリについて詳しく説明するので、是非参考にしてください。

ヒンディー語は難しい?

ヒンディー語の勉強アプリ女性悩む
xr:d:DAFu4BtK1tE:35,j:2646273961045236215,t:23111413

ヒンディー語は、インドの北部を中心に話されている言語ですが、インドの総人口の約6割弱がヒンディー語話者です。インドでは英語と同様に公用語ですが、世界では約7億もの人がヒンディー語を話し、英語、中国語に次いで世界第3位に位置します。

そこで、ヒンディー語は、実は日本人にとって学びやすいと言えます。

まず、ヒンディー語は日本人にとっては発音しやすく、中国語の声調や英語のような強弱のアクセントがありません。

そして、語順。ヒンディー語も、日本語と同じ「SOV型」で、「主語+目的語+動詞」の語順で、日本語のように単語を置き換える語順自由度も実は高いのです。

デーヴァナーガリー文字はある程度チャレンジですが、思ったほどヒンディー語の壁は高くないと思いませんか!

ヒンディー語の勉強アプリランキング

ヒンディー語を、スマホやタブレットで独学でも学習できるアプリを今回は紹介します。インド旅行で、そしてビジネスの現場で、英語にも翻訳にも頼らずに現地の人たちと会話ができることも夢ではありません!

ランキングはおすすめ度なので、是非自分のニーズや目的に合わせて試してみてください。

アプリランクインされた理由価格
LingアプリAI機能と文字の書き方&発音の効率良い練習
1つのアカウントで60言語の学習コースへアクセス
【60言語アクセス価格】
月額プラン:¥2,200
年額プラン:¥10,800
生涯プラン:¥22,000
初級コース:無料
ロゼッタストーン実践的な「見て・聞いて・話す」反復練習
AIによる発音練習でスピーキングスキルアップ
【1言語価格】
3ヶ月:¥4,800
年額:¥11,800
3日間の無料トライアル
Mondly最新式の音声認識機能
毎日数分のデイリーレッスン
【1言語価格】
月額:¥940
年間:¥4,680
【33言語価格】
年間:¥46,800
Nemo簡単な一口サイズのレッスン
オーディオフレーズで音声重視
初級コース:無料
アプリ内課金あり
ヒンディー語の勉強アプリLingアプリ

1位:Lingアプリ

オールインワンの語学学習アプリ。独学でヒンディー語習得を目指す人にも最適!

Lingアプリは、特化したスキルのある他のアプリとは違い、発音、文法、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングと全ての言語スキルを楽しく習得できるようにデザインされています。ユニークなミニゲームや楽しいクイズなど、ユーザー重視の豊富なレッスンが満載。

ドイツ人創業者がタイ人奥さんと会話ができるようにと自分でデザインし、ネイティブととことん分析しながら研究開発し、現在ではタイ語だけでなくヒンディー語を含め、60言語の学習コースを提供しています。

日常の単語やフレーズ、そして発音練習からタイ文字練習まで、ゲーム感覚のレッスンで楽しく覚えることができ、AIによるチャットボットで応用の会話も練習できるなど、最も効率的で楽しい学習体験を提供しています。

常にモチベーションを保ちながら毎日の学習を続けることができるのが、Lingアプリです。

また、Lingアプリが人気の一番の理由は、コスパが最も優れていると高い評価があるからです。たった1つのサブスクアカウントで、なんと60言語全てのコースへアクセスできちゃうんです!初級は無料!

ヒンディー語以外にも、英語もタイ語も中国語も、60言語の中から何語でも一つのアカウントで学べます!

特徴

  • 多言語サポート:1つのサブスクアカウントで全60言語の学習コースへアクセス
  • 言語コミュニティ:100万人以上のユーザーと繋がるランキングシステム
  • 便利&効率的:いつでもどこでも好きな時に効率よく自由に勉強
  • ネイティブ音声:ネイティブの音声からのリスニング、スピーキングの練習
  • リアルタイムAI:文字の書き方、発音や会話練習などAIが教えてくれ、即評価

価格プラン

  • 月額プラン:¥2,200(60言語)
  • 年額プラン:¥10,800(60言語)
  • 生涯プラン:¥22,000(60言語)
  • 初心者レッスンは無料
ヒンディー語の勉強アプリRosetta Stone

2位:ロゼッタストーン

177ヵ国で売られている世界の語学プログラム。

ロゼッタストーンは、手軽に実践的なヒンディー語を習得するために「見て、聞いて、話す」レッスンに重点を置いた実績のある学習プログラム。日本語に頼ることなく、なるべくヒンディー語のみで「見る・聞く・話す」練習を、写真・音声・文字を同時に表示し繰り返すことで、直感的にヒンディー語の基礎を養います。

AIによるスピーチ認識テクノロジーによって、あなたの発音をネイティブスピーカーと比較する機能もあり、スピーキングにも重点を置いています。

TOEIC対策プログラムなど、スキルに特化した上級プログラムも提供。

特徴

  • 多言語サポート:全24言語のプログラム
  • AI機能:ネイティブと発音を比較矯正
  • 実践的な練習方法:リアルな会話力を養う
  • スキル特化プログラム:上級レベルにも最適

価格

  • 3ヶ月プラン:$35.97
  • 12ヵ月プラン:$119.88
  • 24ヵ月プラン:$167.76
  • 生涯プラン:$199.00
ヒンディー語の勉強アプリMondly

3位:Mondly

単語とフレーズを楽しく学べるゲーム型アプリ。

Mondlyは、最新式の音声認識機能を備えており、正確なフィードバックでリスニングとスピーキングの上達を目指します。音声を生かしたゲームなどのレッスンもあり、楽しめるコンテンツ。また、Mondlyは、単語とフレーズを画像を見ながら覚えていくなどの練習が豊富で、語彙力を増やすことも重視しています。

毎日日替わりで数分でできる「デイリーレッスン」が配信され、違うテーマが提供されるので、ユーザーは楽しくヒンディー語を学ぶことができ、初級者向けには最適。

Mondlyは、ヒンディー語を含め41言語を提供しています。

特徴

  • 多言語サポート:41言語のコースへアクセス可能
  • ゲーミフィケーション:ゲーム感覚でレッスンを楽しめる
  • 画像を駆使:単語やフレーズを画像マッチングで覚える
  • 最新式の音声認識機能:適格なフィードバック

価格プラン

  • 月額プラン:$9.99
  • 年額プラン:$47.99
  • 生涯プラン:$89.99
  • 初心者レッスンは無料
ヒンディー語の勉強アプリNemoアプリ

4位:Nemo

初級者には最適な、簡単で楽しい一口サイズレッスンを提供するアプリ。

ネイティブスピーカーの音声でのヒンディー語の単語・フレーズの発音練習、スピーチスタジオでさらに自分の発音を先生の発音と比較するなど、スピーキング重視。レッスン構成ではなく、数分でできるミニレッスンが主体なので、毎日少しづつ練習を重ねることができます。

Nemo は、基礎の単語やフレーズを楽しく簡単にオンラインで練習し、日常会話でヒンディー語を自信を持って話せるようにデザインされています。

またNemo は、ヒンディー語以外にも10言語を提供しています。

特徴

  • 多言語サポート:10言語を提供
  • 一口サイズのレッスン:楽しくレッスンを進められる
  • オーディオフレーズ:発音練習に最適
  • フラッシュカード:単語・フレーズ練習をカスタマイズできる

価格

  • 初級コース:無料
  • アプリ内課金あり

まとめ:ヒンディー語習得にはLingアプリが最適!

自分の学習スタイルと目的に合ったヒンディー語勉強アプリを見つけることが大事です。

あれこれと迷ったら、まずは無料でアプリを試してみてください。

Lingアプリは、モチベーションを上げるためリマインド機能も搭載されているので、毎日勉強が続かない!という人も大丈夫。ゲームのように新しい言語を学べるなんて、試してみるしかありませんよね!

ヒンディー語の翻訳無しで会話できるようになるのも、独学でヒンディー語をマスターするのも夢ではありません。

この機会に、App StoreまたはGoogle Play Storeから、Lingアプリを無料でダウンロード!

Leave a Reply